光、特に紫外線に対する皮膚暴露によって、組織にあるフリーラジカルの損傷や一重項酸素の発生につながる可能性があります。アスタキサンチンのようなカロテノイドは、太陽光線に照射にさらされている皮膚暴露に対して、保護の役割を果たしています.
アスタキサンチンは、ミトコンドリアの機能を維持し、老化を防止する特別な効力を持っています。また、酸化を防止することによって、細胞膜の内面と外面を保護します.
細胞藻類からのアスタキサンチンは、心臓病を予防するだけでなく、心臓発作のリスクを低下させるなど、さまざまなメリットが明らかになります.
アスタキサンチンおよびその抗酸化特性は、紫外線にさらされる皮膚細胞を酸化、炎症、免疫抑制、老化から防止するのに役立ちます.
アスタキサンチンは動物界で発見された最も強力な天然色素です。アスタキサンチンを含むサーモン、エビ、観賞魚や鶏肉の餌の摂取量は増加してきました、本製品はこれらの天然、健康的、強力な色素といった特徴を持っていますが、この貴重な栄養補助食品はアスタキサンチンは含むだけでなく、アミノ酸、必須脂肪酸、他のカロテノイド、ビタミン、ポリヌクレオチド、などの他の栄養素も含むので、色素としての利用のみならず、食品添加物ともなります.
色々なアンケートによって、アスタキサンチンは人間の体調を良くさせると明らかにっています.
カロテノイド、特にアスタキサンチンの摂取は疾患・黄斑変性症のような加齢に関連した病気のリスクを低くさせる事とつながっています。これは、摂取されるカロテノイドが眼の黄斑に位置しているという事実から分かります.
アスタキサンチンは、癌の予防および治療(抗腫瘍活性)の有効性に注目した様々なアンケートにより、転移性癌を防ぐ抗酸化特性を有しているという結果が出ています.
アスタキサンチンの抗炎症特性は密接にその抗酸化特性と関連しています。アスタキサンチンの消費者は、背中の痛みや関節炎などを防止することができます.